~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

Massel

~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

【連載】めぐる季節のココロとカラダ -夏至-
お気に入り

「夏至(げし)」は、二十四節気の10番目にあたる節気で、今年は6月21日~7月6日です。太陽が高く上がり、1年で最も昼が長く、夜が短くなります。といっても実際は梅雨前線が日本列島を横切り、気温も湿度も高く、ジメジメとした空気が身体にまとわりつく季節。
「夏至」は夏に至ると書くように、夏の真ん中へ向かっていきます。この日を境に本格的な夏が到来しますよ、という意味で日に日に暑さが増していきます。

 

1年でもっとも昼の時間が長く、夜が短い季節

「夏至」は梅雨の真っ盛り、しとしと長雨が続きます。ちょうど田植えが繁忙期をむかえ、アジサイがしっとり花を咲かせ、木々も青さを増しています。

アジサイ

「この時期は外にいても部屋の中にいても湿度が高く、心も身体もその影響を受けます。気圧の変化や日照時間の少なさもあり、気分が落ち込んでしまうことも。また、湿度が高いと汗をかきにくく、熱もこもりやすいので、だるさを感じやすいでしょう。むくみやめまい、頭痛、食欲不振、関節痛などの症状も出やすいので、暮らし方や食べ物にも気をつけて過ごしましょう。

傘をさす女性

日差しがそんなに強くなくても、身体が暑さに慣れていないため、熱中症の注意が必要です。汗をかいて、身体を暑さに慣らしていくように心がけましょう。

 

「夏至」の養生のポイント3つ

・自然界と合わせて、遅寝、早起きを
この時期は体内の陽気が高まりすぎて、なかなか寝つけない人も多いはずです。そんなときにおすすめするのが、遅寝・早起きです。昼が長く、夜が短い時期なので、自然界の陰陽に合わせ、夜遅く寝てみましょう。目や脳に刺激を与えるスマホやPCなどを見ず、読書や音楽を聴いて、ゆったりとした心で過ごせば眠りに入りやすくなります。

読書

朝は太陽がのぼるとともに早起きすれば、メラトニンが充実し、すっきりした気分になれますよ。もし昼間に眠さを感じるようなら、15分程度の昼寝も取り入れて。梅雨の重々しい時期だからこそ、自然の流れに合わせ、体調を整えましょう。

・身体を冷やさず、冷たい食べ物を控える
『湿』が体内に溜ると、身体がだるくなり、冷えやすくなります。暑い時期ですが、くれぐれも身体を冷やさないように、羽織るものやスカーフなどを持ち歩きましょう。ついつい冷たい食べ物を摂りたくなりますが、身体にだるさを感じるならやめておきましょう。

かき氷

・ぬるめのお湯で10分程度の半身浴
身体に溜まった余分な水分は、汗をかいて外へ出してしまうことが大切です。そのために、夏の臓腑の「心」を心地よく動かしてくれるような、少し汗をかける程度のひかえめな運動をしたいところです。が、雨天ではなかなかできませんよね。

雨

そんなとき簡単に暑熱順化(身体を暑さに慣らす)できるのが半身浴です。40℃くらいのぬるめのお湯に10分程度浸かり、しっかりと汗をかきます。汗腺の働きを刺激することで、汗が出やすくなります。冷房で冷えた身体や内臓も温めてくれるので、シャワーですまさず湯舟につかる習慣をつけましょう。

 

「夏至」におすすめ!消化器官を元気にする食べもの

梅雨の後半、『湿』が体内にたまると、胃や腸の動きも悪くなりがちです。「芒種」に引き続き、苦味のあるものを取るようにしましょう。苦味のある食べ物は、苦瓜・緑茶・セロリなどがおすすめです。

セロリのサラダ

苦味のある食べ物は身体を冷やすので、できるだけ酸味や甘味のあるものを一緒に食べ、身体を冷やし過ぎないように気をつけてください。おすすめは、夏メニューの定番ゴーヤチャンプルーや、セロリの甘酢漬け、おやつに緑茶を飲みながら梅干しをいただく、などです。

梅干し

体内にたまった水分を外に出し、むくみに効果のある食材としては小豆やもやし、解毒・利尿効果がとても高い緑豆、発汗作用がある紫蘇やパクチーなどもおすすめです。

梅

最後にもう1つ!この時期スーパーで目にする青梅。こちらは殺菌、血液浄化、疲労回復、免疫力アップなど多くの効能を持ち、昔から日本人の食卓には欠かせない食材です。梅干しや梅シロップなどにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

梅雨の本番をむかえ、すこし心身がトーンダウンしやすい時期ですがここを過ぎれば、太陽輝く夏が待っています。雨のお出かけが楽しくなるレイングッズを取り入れてみるなど、その季節に起こる心身の変化を受け入れながらも、ちょっとした楽しみを見つけていきたいですね。

監修:鍼灸師・美容医療ライター 美事

人気記事ランキング

特集