~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

Massel

~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

【連載】めぐる季節のココロとカラダ -芒種-
お気に入り

5月からスタートした新連載、「めぐる季節のココロとカラダ」も3回目となりました。美しく移り変わる日本の四季とともに、心と身体に目をむけるきっかけになれたらうれしいです。さて、二十四節気も六月に入ると夏の3番目「芒種(ぼうしゅ)」です。芒種はどんな期間なのでしょうか?さっそく見て参りましょう。

 

種をまき、梅雨になる季節。そのとき心と身体は…

2020年の「芒種」は6月5日から6月20日まで。「芒」はイネや麦などの穂先がとがった部分のこと、「種」はご存知の通り種子。穂が出るイネや麦など植物の種をまく季節ということから「芒種」と言われています。

田植えをする手

「小満」から「芒種」に移り、気温も上昇し、あっという間に梅雨入り。湿度もどんどん高くなりますね。湿った空気は夏の臓腑である心(しん)にも身体にも重くのしかかり、「なんだかだるい」といった症状を感じる人も多いのではないでしょうか。湿度が高いため汗をかいても感じにくく、体内に余分な熱と湿気がたまる時期でもあります。

 

「芒種」の養生のポイント3つ

冷えすぎに注意
「小満」から引き続き、身体を冷やさないように気をつけましょう。暑いからといって冷たいものを食べすぎると、胃腸に冷えをため込んでしまいます。さらに、冷房がきいている室内にいると、身体に不要な熱がこもってしまいがち。

「食欲はあるのに食べられない」、「便秘と下痢を繰り返す」などの症状が出たら、胃腸が冷えているサインです。そんなときは常温や温かい飲み物・食べ物で、体内温度をあげましょう。
足三里(胃を調節する、疲労回復)や丹田(お腹の冷え取り、身体全体に気を巡らせる)へのお灸もおすすめです。

あたたかいお茶

軽く身体を動かす
湿気でだるさを感じたら、身体を軽く動かしてみてください。といってもこの時期は、暑さや湿気が心(しん)に負担をかけるため、少し汗をかく程度のストレッチやウォーキングなどがおすすめです。

ストレッチする女性

適度な水分補給を忘れずに
今年はマスクを着けているので、水分補給も忘れがちに。それでなくてもこの時期は、湿気で汗が出ているのを感じにくく、熱中症にかかる人が増えてきます。

日差しを浴びる女性

常温の水や体液補給水、スポーツドリンクを少しずつ飲むようにしましょう。大量に冷たい水分を摂ると、内臓がびっくりして水分吸収を妨げるので要注意です。

 

「芒種」におすすめの食べ物は、暑熱・水分を取り除くもの

梅雨に入ると身体の中に湿気が増え、消化器官の動きが悪くなります。元気に盛夏を迎えられるよう、体力を整えたいところです。ニガウリやレタスなど、夏に食べたい苦味はカラダを冷やすものが多いので、酸味(梅干し、夏みかん)や甘味(肉類、そば、人参など)を一緒に食べるようにしましょう。

夏みかん

また体内の余分な熱や水分を取り除き、盛夏に身体を動かすエネルギーになる、ハト麦やそら豆も積極的に摂りたいですね。
胃腸を整える玉ねぎやピーマン、チンゲンサイ、エネルギーになる豚肉もおすすめです。ただし豚肉はカラダの中に湿気を増やすので、食べすぎに注意しましょう。

ジメジメした梅雨がやってきます。マスク必須の生活が続きますが、十分な水分補給を忘れずに。待望の盛夏まであと少しです。家に閉じこもる生活ではストレスがたまってしまうので、できるだけ気分転換しながら「芒種」の季節を快適に過ごしましょう。

人気記事ランキング

特集