~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

Massel

~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

その不調、血行不良かも?血流改善で身体を整える、手軽な方法3つ
お気に入り

秋も深まり気温が下がってきた今日この頃、血行不良による身体の不調が気になっていませんか?がんの治療中や治療後に「なんとなく身体が重い」「冷えやむくみが気になる」という方に、血行不良が引き起こす身体の不調、そして血流を改善するための対策などをご紹介します。

 

冷えや肩こりも?血行不良が引き起こす身体の不調

血行不良の原因として考えられるのは、食生活の乱れや睡眠不足、運動不足、ストレスによる自律神経の乱れなどです。血流が滞ると栄養分や酸素が全身に行き渡らず、筋肉が酸欠状態になるほか、老廃物が体内に蓄積されます。
この悪循環が続くと冷えや肩こり、むくみ、体のだるさなどの不調を引き起こします。

暖かい飲み物

血行不良の自覚症状として、顔や頭はサインが表れやすい部分です。「抜け毛が増えた」「吹き出物が出やすくなった」「耳鳴りが頻繁に起きる」、「目の下にクマがある」「舌や歯茎が赤黒い」という症状がみられたら血行不良を疑ってみましょう。
全身に表れる症状としては「肩がこる」「傷が治りにくい」「便秘がち」「生理痛がひどい」「下半身が冷える」「手足が痺れる」「身に覚えのないアザ」などがあります。

 

血流改善のために何ができる?習慣化したい3つの対策

 では血流を改善するためには、どのような方法があるのでしょうか。習慣にしたい3つの対策をご紹介します。

●「歩く」を意識して、運動不足を解消
人の身体は筋肉を動かすことで、血液を体内に循環させています。身体を動かさないでいると当然ながら血流が悪化します。血流改善には、ウォーキングのような軽い運動が効果的です。

ウォーキングする女性

ウォーキングする際のポイントは「できるだけ広い歩幅でテンポよく歩く」こと。背筋を伸ばして腕をしっかり振り、足の着地も意識すると、さらに運動効果が高まるでしょう。
また、ウォーキングを行う時間帯によっても効果が異なります。例えば、血液中の糖分が少ない食事前には身体が脂肪を燃やそうとするので、ダイエット効果が高まるとされています。

夜間も血中に酸素が取り込まれることで、睡眠中の新陳代謝がアップします。ただし寝つきが悪くなりやすいため、就寝2〜3時間前のウォーキングは避けたほうが良いでしょう。

 

●「第二の心臓」を刺激!ふくらはぎストレッチ&ツボ押し
ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれ、血液を循環させるポンプ機能があります。このふくらはぎをストレッチやツボ押しで刺激するだけでも、血流の改善が期待できます。

ストレッチをする女性

ふくらはぎを伸ばすには、壁を使ったストレッチが簡単です。まずは両ひじが伸びる程度の距離を取り、壁に向かってまっすぐに両手をつきます。次に片方の足を一歩下げ、壁に体重をかけながらふくらはぎを伸ばします。もう片方の足は、ひざをゆっくりと曲げるだけでOKです。この時、伸ばした方の足のかかとが浮かないように意識してください。左右20秒ずつを1セットとし、毎日3セット行いましょう。

ツボ押しにtry☆
ふくらはぎには「承筋(しょうきん)」や「承山(しょうざん)」というツボがあり、どちらも血行を良くするのに効果的です。承筋はふくらはぎの中央で最も筋肉が盛り上がっている部分にあります。承山はふくらはぎの最下部、アキレス腱からふくらはぎをさすり上げていった時に指が止まる部分です。

足のツボを押す様子

ふくらはぎのツボを素手で刺激しようとすると結構な力が要りますが、そのあたりを下から上へさすり上げる程度でも、かなり効果はあります。
※手術や治療に伴って手足がむくむ「リンパ浮腫」の症状があり、リンパドレナージを行っている方は、主治医と相談してから試すようにしてください。

 

●一日の疲れもゆったり癒す、半身浴
半身浴でも血流を改善できます。お湯の温度は37〜40度、水量は足を伸ばして座った際、みぞおちが浸かるくらいがベストです。

浴槽につかる様子

入浴時間は20〜30分が目安。汗をかくので、脱水症状を防ぐためにも入浴の前後にコップ1杯分の水を飲むようにしましょう。

 

毎日の食事で血行促進!血流を良くする食べものとは?

血行促進には食べものも重要です。血の巡りを良くするには、血をサラサラの状態にしておくことが理想的。しかし、血液中の糖質や脂質が増えると血はドロドロの状態となり、血流を妨げてしまいます。

レモン

食材の中には血液をサラサラにする成分を含んでいるものがあります。例えば「クエン酸」を含むお酢や梅干し、柑橘類などです。これらの食材は血流を改善してくれるだけでなく、疲労回復にも有効です。

そのほか、「EPA」を豊富に含むイワシやサンマなどの青魚類や、コレステロールの酸化を防ぐ「ポリフェノール」が豊富なココアや緑茶、コレステロールの吸収を抑制してくれる「アルギン酸」が豊富な昆布やワカメを、食事に意識して取り入れるようにしましょう。

ココア

また、血液をサラサラにしてくれる食べものと合わせ、身体を温める食べものも一緒に摂りましょう。身体が温まると血管が広がり、血流が促進されます。食材として、唐辛子やシナモンなどのスパイス類、タンパク質が豊富な肉や魚などがあります。

 

血行不良は軽い運動を取り入れたり、食事を見直したりすることで改善できます。
ただし、不調の原因が血行不良でない可能性もあります。症状によっては漢方薬などの服用によっても改善できることもあるので、症状の改善がみられないときは、かかりつけの医師に相談してください。

人気記事ランキング

特集