~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

Massel

~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

乾燥の季節目前!スキンケアとメイクで「たるみ毛穴」を改善
お気に入り

年齢を重ねるたびに、気になる毛穴。ふと鏡を見たとき、鼻の横や頬の毛穴ってこんなに目立ってた?とドキリとすることもあるのではないでしょうか。加齢だけではなく「皮脂」や「紫外線」も毛穴にダメージを与える原因となっています。毛穴がたるむ原因や、毛穴のダメージを改善するスキンケア&メイク方法をご紹介します!

 

気づけは「たるみ毛穴」、その原因は?

エイジングケアに力を入れる世代になってくると、やはり気になるのが毛穴の広がり。最初は丸い形をしていた頬の毛穴が、いつのまにか細長い楕円形や涙型になってきた…そんな「たるみ毛穴」について見ていきたいと思います。

鏡を見る女性

毛穴が目立つ要因としてはまず、皮脂の分泌量が増えていることが挙げられます。女性ホルモンのバランスが乱れたり、不規則な生活、脂っこい食事が続くと、皮脂が過剰に分泌されます。
また、紫外線も毛穴に悪影響を与える大きな要因です。紫外線は皮脂を酸化させ保護層の働きを弱めてしまいます。そのダメージは肌老化の原因の80%を占めるともいわれています。

強い日差しを浴びる女性

さらに、コラーゲンなどが不足することで肌は弾力を失い、細胞の働きも弱くなり、筋力も衰えます。その結果、肌の老化が進み「たるみ毛穴」を加速させてしまうのです。
秋は夏に浴びた紫外線の肌がダメージが気になる季節。さらにこれから毛穴の大敵、乾燥も加速していきますので、しっかりケアをしていきましょう!

 

たるみ毛穴を改善するスキンケア、4つのポイント

気になる「たるみ毛穴」は、いったいどうすれば小さくなるのでしょうか。たるみ毛穴を改善するためのスキンケアにはポイントがあります。一つずつ詳しく解説していきますね。

1)正しい洗顔で過剰な皮脂の分泌を防ぐ

泡

皮脂バランスを整えるのに大切なのは、正しい洗顔です。まずは顔をぬるま湯で濡らしてから、洗顔料を手でしっかりと泡立てましょう。泡立てネットを使うとキメ細かな泡が簡単につくれます。洗うときは肌を優しく包み込むように「泡」で洗うイメージで、ゴシゴシこすらないようにしてください。最後にひと肌程度のぬるま湯で優しくしっかりと洗顔料を洗い流しましょう。

2)きちんと保湿をし、ハリを与える

スキンケアする女性

肌の老化を防ぐには、肌を保湿してハリを与えることが大きなポイントとなります。エイジングケア成分が配合されている化粧品は肌のハリと弾力のケアに、高保湿成分が配合されている化粧品なら潤いとツヤの効果が期待できます。夏で暑いからといって化粧水だけで済ませてしまうのはNGです!保湿を怠ると、乾燥が進み肌の老化へとつながってしまうので注意しましょう。

3)晴れの日はもちろん、曇りの日もUVケアを

UVケア

紫外線はお肌の大敵です。肌の水分量を減らし皮脂分泌のバランスを崩すだけでなく、肌老化も加速させます。どんなにしっかりとお手入れをしても、UVケアがおろそかになっては意味がありません。紫外線は一年中降り注いでいます。日差しの強い夏だけでなく、それ以外の季節や曇りの日もしっかりと日焼け止めを塗って肌を紫外線から守ってあげましょう!

4)コラーゲンを増やす成分が含まれた化粧品を

化粧品

年齢とともに肌の弾力が失われ、重力に耐えきれず楕円に広がる「たるみ毛穴」。化粧品を選ぶ際にはコラーゲンの生成を促す成分が配合されたものを選びましょう。肌内部のコラーゲンを増やすことで、土台をしっかりさせ、肌のたるみ防止につながるので毛穴ケアも期待できます。

 

気分も表情もパッと明るく♪メイクで毛穴レス肌を叶える

「たるみ毛穴」は日々のケアが大切です。でも今すぐこの毛穴を何とかしたい!そんな方におすすめなのが「毛穴レスメイク」です。ファンデーションだけで毛穴を隠そうとせず、化粧下地やコンシーラーを使ってベースを丁寧に整えましょう。それぞれの塗り方のポイントをご紹介します。

●下地の塗り方
毛穴レス肌をつくるには、まず土台をフラットな状態にする「毛穴カバー専用の下地」がおススメです。毛穴を埋めていくようなイメージで、頬はすべらせるように、小鼻まわりは毛穴に下地を軽く叩きこむようになじませるのがコツです。

化粧をする女性

●ファンデーションの塗り方
毛穴が気になるときのファンデーションは、伸びのよいリキッドタイプがおすすめ。スポンジや指を使って塗るのもよいですが、ぜひ試していただきたいのがブラシを使う方法です。ブラシを使うことで毛穴にしっかりとファンデーションが入り込みます。

ファンデーション

気になる小鼻部分はブラシをくるくると動かせば、しっかりと毛穴をカバーしてくれます。毛穴を隠したいからといってブラシを肌に強く押し付けないように注意しましょう。ファンデーションでも毛穴が隠せない場合は、部分的にコンシーラーを使いましょう。ただし毛穴の目立つ部分は、皮脂も出やすい場所。厚く重ねすぎるとメイク崩れの原因になるので、慎重に行いましょう。

 

いかがでしたか?
過剰な皮脂分泌や紫外線、そして加齢によって目立ってしまう「たるみ毛穴」。毎日のスキンケアをしっかりと行うことで、改善していくことができます。またメイクの仕方によって、陶器のようなつるんとした印象のお肌をつくることも可能です。暑い夏のお出かけを、涼やかな美しい肌で楽しみたいものですね。

人気記事ランキング

特集