~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

Massel

~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

初めてのウィッグ、どこで買う? 医療用ウィッグの選び方(お店編)
お気に入り

抗がん剤などの治療でウィッグの購入を考えたとき「どこで買えばいいの?」と、迷う方も多いのではないでしょうか。
インターネットなどの通販で手軽に買えるものがいいのか、それともお店で相談しながらのほうがいいのか。また、お店といってもファッション店のウィッグでいいのか…。
今回は、医療用ウィッグを購入する際の「お店選び」についてご紹介します。

おしゃれをしている女性

とにかく手軽に!インターネットなど通信販売で購入する

通信販売は好きな時間に一人で選べる気軽さと、わざわざ出かけずとも自宅で商品が手に入るのが魅力。なかには驚くほど価格の安いものもあります。
ウィッグが自分に合うかどうかは、手元に届き、実際着けてみないとわからない部分がありますが、最近では試着・返品サービスを行っているところも増えてきたようです。
とはいえ、モデルさんが着用した宣伝写真と実物の違いがあまりにも大きいと、がっかりしてしまいますよね…。
そしてお手軽な反面、着け方やサイズ調整の仕方などウィッグの使いこなし方は、自分で見つけていかなくてはなりません。
「医療用」として使う初めてのウィッグ、という視点を考えると、不安要素は否めません。アフターフォローなどが不十分なこともあるので、しっかりと確認する必要があります。

<メリット>
人に会わずに、好きな時間に一人で選べる
自宅で商品が手に入る
安価なものもある

<デメリット>
×画像で見る印象と実物が異なる
×実際着けてみると、モデルさんのイメージと違う
×自分に合わせた細かな調整がしにくい
×「医療用」としての、アフターフォローが不十分な場合がある

ふらりと立ち寄れる衣料・雑貨店などで購入する

ショッピングモールに並ぶ衣料や雑貨店のなかには、ウィッグを取り扱っているお店を見かけることがあります。
お洋服やグッズを見ている流れで、何気なく手にとれる気軽さが嬉しいですよね。
しかし「ファッション用」として並ぶウィッグには「医療用」として大切な機能やサービスが備わっていないことが多く、長い時間使うことを考えると身体にやさしくないことも。
「これでもいいかな?」と勢いで買ってしまう前に、治療期間中もお付き合いできるウィッグかどうか、一呼吸おいて考えてみてください。

<メリット>
気軽に立ち寄れて、手にとりやすい
ファッション性があり、見ていて楽しい

<デメリット>
×ファッション重視で医療用としての配慮が少ない
×「ウィッグのための試着スペース」がない

「医療用」としてのサービスがある、専門店で購入する

最後は「医療用ウィッグ」としての機能とサービスを追求した専門店での購入です。
「医療用ウィッグ専門」と聞くと、ちょっと慣れない言葉だけに身構えてしまう方もいるかもしれませんが、どうかご心配なく!スヴェンソンを例に見てみることにしましょう。

まず、お店は他の人の目を気にせずにゆっくり選んで頂きたいという思いから全店舗個室、さらに美容室も併設しています。この美容室で、一人ひとりの顔の形や雰囲気を見ながらウィッグをカットすることで、自然でその人に似合うスタイルをつくりあげます。
また、治療前〜中〜後、それぞれのタイミングに合わせて地毛のカットや脱毛中のケアもOK!脱毛がはじまった時から治療後にご自身の髪が生え揃うまで、オープンスペースの美容室には行きにくいものですが、プライバシーが守られる空間が用意されています。

ウィッグを選んで調整できるだけでなく、治療中に必要なグッズを扱っているのも専門店ならでは。患者さんの声から生まれた商品、あると便利なサポート商品など、実際に手にとって試せるのも嬉しいですよね。

ウィッグの選び方、脱毛中のケア、地毛回復のサポート…専門知識をもつスタッフがしっかりとサポートすることで、治療中の不安を少しでも和らげられるよう取り組んでいます。

<メリット(スヴェンソンの場合)>
個室対応のため、プライバシーが守られる
美容室を併設しているので、その場で似合うウィッグに仕上げられる
専門知識をもったスタッフが脱毛中のケアもサポート

<デメリット>
×「医療用ウィッグ」という言葉につい、身構えてしまう
×「店舗を探す必要がある

いかがでしたか?
買う場所によって、購入できるウィッグの種類も、アフターサービスも全然違いますよね。
どうか、ご自身のニーズに合ったお店をお選びください。

人気記事ランキング

特集