~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

Massel

~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

季節の変わり目、肌荒れ・かゆみは毎日のスキンケアで改善
お気に入り

抗がん剤の治療を始めてから、肌に刺激を感じやすくなったり、かゆみがでたりしていませんか?また、今の季節は寒暖差による肌荒れや、マスクの着用による摩擦などのトラブルも多いようです。今回は肌荒れやかゆみが起きてしまったときの対処法と、改善していくためのスキンケアについてご紹介します。

 

がん治療中に起こりやすい、肌荒れ・かゆみの原因

抗がん剤の副作用というと「脱毛」が広く知られているところですが、肌荒れが起きる場合もあります。これは薬が、がん細胞だけでなく正常な細胞にも影響してしまうためで、細胞分裂のサイクルが早いがん細胞を狙って投与されてることもあり、ターンオーバーの早い皮膚や爪にも反応して影響してしまうからです。

肌を気にする女性

薬の影響を受け、角質をバリアしているものが傷つけられることで、乾燥やかゆみが起こったり、さらに角質が毛穴を詰まらせニキビが出る場合もあります。

 

季節の変わり目、寒暖差も肌荒れのもと

治療を始める前から季節の変わり目になると、きまって肌荒れがひどくなる、肌がゆらぐ、という方も多いのではないでしょうか。
季節の変わり目は急激な温度変化や、室内外を移動することによる体感差を受けやすくなります。これらの寒暖差によって、肌の保湿やバリア機能をつかさどる成分が減少してしまい、肌荒れへとつながってしまうのです。

落ち葉

 

「清潔」「保湿」「保護」の3つを守ろう

抗がん剤の影響による肌荒れでも、季節の変わり目からくる肌トラブルでも、基本的な対処は同じです。日々のスキンケアでは「清潔・保湿・保護」を行い、肌の働きが弱まっている部分をセルフケアで補ってあげるようにしましょう。

●清潔 弱酸性の洗顔料を泡立てて優しく洗う
まず、洗顔料は「低刺激・アルコールフリー・敏感肌用」などの表示があるものを選びましょう。顔を洗う際には、しっかりと泡立ててから、強くこすらずに優しく撫でるように洗ってください。泡で洗顔料が出るポンプタイプもおすすめです。顔をすすぐときには、40℃以内のぬるま湯で、洗顔料が残ってしまわないように顔周りなどはしっかりとすすぎましょう。

泡

抗がん剤によるニキビは通常のニキビとは異なるため、ニキビ専用の洗顔料では殺菌作用など刺激が強すぎる場合もあります。様子を見ながら使ってくださいね。

低刺激と高保湿に特化した「薬用アトピアD 洗顔料」
アトピアDは、バリア機能が弱っている肌を優しく洗えるように、アレルギー誘因成分を極力配合していません。ユーカリ/ヨモギ葉から抽出した天然清浄エキスなどを配合し、肌のバリア機能に働きかける効果があります。使いやすい泡タイプ。無添加・弱酸性で、赤ちゃんの肌にも使える薬用洗顔料です。

薬用アトピアD 洗顔料

薬用アトピアD 洗顔料(泡タイプ洗浄料)【医薬部外品】
200mL 通常価格1,800円(税抜)

●保湿 洗顔・お風呂の後は低刺激のローション・クリームで
お風呂や洗顔後は清潔なタオルでそっと撫でるように水気を吸い取りましょう。水分や油分が失われている状態ですので、肌にじゅうぶんな潤いを与えるためにもローションや保湿クリームを塗ってください。

スキンケア

商品を選ぶときは「無着色・無香料」「アルコールフリー」界面活性剤、パラベンなどの「添加物フリー」などと表示されている低刺激のものを選んでくださいね。白色のワセリンも、皮膚を乾燥から守る保護膜のような働きをしてくれるのでおすすめです!

●保護 刺激の少ない衣服の着用&紫外線防止を!
本格的な冬を控えるこの季節でも、日中の紫外線は侮れません。顔に限らず全身の皮膚への刺激を少なくする工夫が必要です。注意すべき点をいくつか挙げたいと思います。

□皮膚を締めつけてしまう服や、刺激を感じる服は避ける。
□肌触りの優しい綿生地のものなどを選ぶ。
□靴には中敷きを入れて、なるべく保湿できるようにする。
□直射日光を避けて、外出時には日傘や帽子、手袋などで皮膚に刺激を与えないようにする。

肌荒れによる炎症がひどい場合などはステロイドの外用薬を使用することもあります。症状の改善に向けて、かかりつけ医などに相談してみるようにしてください。

季節の変わり目は、どうしても心身が不安定になりがち。けれど、毎日のケアを丁寧に見直すことで改善できるものもあります。「清潔・保湿・保護」に気をつけ、ぜひ、ご自身の肌と対話しながら、なるべくゆったりとした気持ちで過ごすようにしてください。

人気記事ランキング

特集