~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

Massel

~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

広がるハチミツの世界!特徴を知ってお気に入りを見つけよう
お気に入り

皆さんは甘さを加えるとき、何を選んでいますか?ハチミツは糖分として美味しいだけでなく、健康や美容に良い効果が期待できる食品のひとつです。一口にハチミツと言っても、花の種類によって、味や香り、使い方まで異なります。そこで今回は、ハチミツの特徴と代表的な種類についてご紹介します。

 

美容や健康にも◎はちみつの効果・効能

ハチミツは、蜜蜂が花の蜜を集め、蜂の酵素で分解してできたものです。ハチミツを採るための養蜂の歴史は古く、西洋では紀元前6000年頃、日本では600年代にすでに行われていたとされます。そんなハチミツは、古くから健康や美容に良い食べものとして重宝されてきました。実際、はちみつにはビタミンやミネラル、ポリフェノールなど、なんと約190種類もの栄養素が含まれていると言われています。

はちみつが垂れる

まず、果として注目したいのが「疲労回復」です。ハチミツの糖分は単糖類と呼ばれるもので、エネルギーに変わるのが早いという強みがあります。そのため、ハチミツが体内に入るとすばやく吸収され、即エネルギー源となって疲労回復に役立ちます。

そして「美容」に関する効果も見逃せません。ハチミツに含まれるグルコン酸は肌荒れに、ビタミンCはシワやシミの改善が期待できます。さらにグルコン酸には殺菌作用もあり、風邪予防や喉の痛み・口内炎の改善に役立つと言われています。

 

花の種類によって異なる、それぞれの味

たくさんのはちみつ

ハチミツは、蜜蜂が集める花の種類によって色や香り、風味がことなります。ここからは代表的なハチミツの特徴とおすすめの使い方をご紹介します。

レンゲはちみつ

レンゲはちみつ

淡い黄色をしたレンゲはちみつは、上品な甘さとほのかな花の香りで、日本人にとくに人気のハチミツです。クセのないすっきりとした味で、ヨーグルトやトーストにかけたり、砂糖代わりに料理やドレッシング、三杯酢に使用したりと幅広い使い方ができます。

アカシアはちみつ

アカシアはちみつ

薄い黄色のアカシアはちみつは、すっきりとした後味が特徴のはちみつです。日本産のほか中国、ハンガリー産などが販売されています。やさしい香りが食欲をそそり、料理やお菓子、フルーツのトッピングなどオールマイティーに使えます。

ソバはちみつ

ソバはちみつ

ソバはちみつはその名の通り、ソバの花が原料のハチミツです。白い花から採れるのに蜜は黒

っぽく、鉄分やカルシウムが豊富に含まれています。日本のスーパーではあまり見かけませんが、フランスでは人気の高級はちみつです。深みのある独特の風味で、煮込み料理や肉料理に向いています。また、黒糖感覚でわらび餅やところてんなどの和菓子に合わせるのもおすすめです。

トチはちみつ

トチはちみつ

トチは東北地方などで自生する自然木です。トチから採取されるハチミツは、こっくりとした濃厚な甘さが特徴。しかし香りはさっぱりとしていて、とても食べやすいです。トーストやホットケーキ、チーズにとろりとかけたり、紅茶やコーヒーに入れても美味しくいただけます。

マヌカハニー

マヌカハニー

マヌカとは「復活の木」という意味を持つ、ニュージーランドに自生するフトモモ科の低木です。現地では、古くから病気の治療にマヌカが用いられ、その花から採取されたマヌカハニーは、栄養価および抗菌力が非常に高く、高級品として扱われています。そのため「世界で最も高級なはちみつ」とも呼ばれています。

とろりとした食感でコクのある味わいと、スパイシーな香りが特徴で、料理に使うというよりも、そのまま食べるのがおすすめです。健康や美容に気づかう方に人気のハチミツです。

 

今回、ご紹介したハチミツ以外にも、ラベンダーやコーヒー、ミカン、リンゴの花から採取されたものなど、さまざまな種類のハチミツがあります。最近では、インターネット通販などで、珍しい種類のハチミツも購入できるので、食べ比べてお気に入りを見つけてみるのも楽しそうですね。味わい深いハチミツの世界が広がりますように。

人気記事ランキング

特集