患者さんのためのコミュニティマガジン

Massel

治療中~治療後のカバーメイク *プロが教えるメイクの基本* 前編
お気に入り

抗がん剤の副作用で、眉毛やまつ毛も脱毛する場合があること、ご存知ですか?あまり知られていませんが、肌のくすみ、目の下のくまなど、顔まわりのお悩みもよく聞きます。抗がん剤や治療の副作用によって起こる外見の変化。鏡の中の自分が元気がなさそうだと、気分が落ち込んでしまいそうです。しかしこれらは、上手にメイクすることでカバーできます。あまりお化粧が得意じゃない方も大丈夫!抗がん剤治療中の肌悩みを解消するメーキャップを、美しさを引き出すプロ、資生堂ライフクオリティビューティーセンターの青木さんに教えていただきました。

教えてくれる人
資生堂ライフクオリティービューティーセンター
メーキャップケアリスト青木 和香恵さん
がん治療による副作用による外見の変化や手術後の傷あと、肌に深いお悩みをお持ちの方々へメーキャップアドバイスを行なっている。

メーキャップケアリスト青木 和香恵さん

メーキャップ前に

メーキャップ前にはローションや乳液などで肌を整えましょう。
ローションは手にとり、肌の温度で温めながらやさしくパッティングをします。敏感な肌を外部の刺激から守るため保湿とUVケアはしっかりするのがポイント。化粧下地は日焼け止め効果のあるものを選ぶと◎
ファンデーションが面倒な場合は、日焼け止めだけでもOKです。

保湿する女性

dプログラム バランスケア ローションWI・II

べたつき・かさつきを防ぎ、やわらか美肌へ導く薬用化粧水。
dプログラム バランスケア ローションWI・II (他4種)
医薬部外品
3,500円(税別)
I:さっぱり/II:しっとり

アレルバリア エッセンスBB

SPF40。花粉・ちりなどの微粒子汚れから肌を守り、色ムラもカバー。BB効果で赤み・くすみも自然にカバーし、厚塗り感のない軽い仕上がりに。
アレルバリア エッセンスBB(全2色)
3,000円(税別)
SPF40・PA+++

ベースづくりで脱!お疲れ印象肌

スキンケアで肌を整えたあとは、肌のベースづくりです。ポイントは、全体のブライトアップ。治療中のメイクのお悩みで多いのは、くすみやシミのカバー。
ファンデーションのつけ方ひとつで仕上がりに大きな差がでます。基本のつけ方をマスターして、疲れた印象をクリアにしましょう!

ファンデーションの基本のつけ方

*ファンデーション・基本のつけ方*

1. 頬>>>しっかりカバー
ファンデーションを顔の中心から外側へのばします。重ねづけは指やスポンジでトントンと置くようにつけることで美肌に見えます。

2. 目・鼻・口まわり>>>適度にカバー
化粧崩れしやすい部分は、薄くのばすのがポイント。目のまわりは優しくなじませます。

3.フェースライン>>>薄ぬりでOK
最後に、生え際やフェースラインにごく薄くのばします。

オススメはコレ!

パーフェクトカバー ファンデーション MV

抗がん剤治療による肌色のくすみなどを自然にカバーできます。
強いくすみをカバーするには、ピンクオークル20(C)がオススメ!
パーフェクトカバー ファンデーション MV(全7色)
3,500円(税別)

薬用 エアリースキンヴェール

ニキビ、肌荒れを防ぐ薬用プレストパウダー。

薬用 エアリースキンヴェール
3,200円(税別)

目もとには、クリームベースのアイシャドー

肌づくりを終えたら、いよいよ目もとです。まつ毛の脱毛中はクリームベースのアイシャドーを選ぶと、粉飛び防止になり目に入るのが抑えられます。さらに印象を高めたい時は、ダークカラーを上から重ねるとよいでしょう。

*ナチュラルさん*
①のクリームアイシャドーの上にオレンジ系のクリームシャドー②を指でやさしくつけます。

*華やかさん*
クリームアイシャドーの上に、ダークカラーのアイシャドーを目の際に細くのせると、ぐっと目もとが引き立ちます。

オススメはコレ!

ドラマティックスタイリングアイズS

ドラマティックスタイリングアイズD(全4種)

眉毛は目印をつけて、ぼかしながら描く

抗がん剤で眉毛が抜け、どう描けばいいかわからない!という声をよく聞きます。何もないところにイチから描くのは、プロでも難しいもの。まず、目印をつけてから描く方法をお試しください。また、眉毛はハッキリ描かず、ぼかして馴染ませるとより自然に見えます。

抗がん剤で眉毛が抜け、どう描けばいいかわからない!という声をよく聞きます。何もないところにイチから描くのは、プロでも難しいもの。まず、目印をつけてから描く方法をお試しください。また、眉毛はハッキリ描かず、ぼかして馴染ませるとより自然に見えます。

眉毛基本の描き方

全体的なバランスのとり方
1~3の点をペンシルで印をつけてから描くと、自然な眉を描きやすくなります。左右対称に仕上げるには、顔と鏡が平行な状態でまっすぐ見ながら描きましょう。
①眉頭…目頭の真上
②眉尻…小鼻と目尻を結んだ延長線上。高さは眉頭と同じ。
③眉山…眉頭から眉尻を結んだ2/3のあたり。白目の終わりの真上。

こんな時はどうする?

●眉毛がまばらな場合は…
仕上げたい形をイメージしながら、ブラシで流れを整え、まばらな部分を1本1本描き足します。そのあとブラシでぼかすと、より自然な眉に。

●すべって上手く描けない場合は…
ペンシルがすべって上手く描けないときは、ファンデーションやおしろいで軽く押さえてから描きましょう。

使ったのはコレ!

インテグレート グレイシィ アイブローペンシルソフト

やわらかな芯で自然にぼかせるアイブロー。
軽いタッチでなめらかに描けるペンシルタイプです。
インテグレート グレイシィ アイブローペンシルソフト(全3色)
※パッケージ、外装が変更になる場合があります

>>後編(口もと・チーク・ウィッグ活用・齋藤 薫さん特別寄稿!)に続きます。

人気記事ランキング

特集