~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

Massel

~ 患者さんのためのコミュニティマガジン ~

無添加化粧品とは?知っておきたいオーガニックとの違いや特徴を解説!
お気に入り

抗がん剤の影響で肌や爪に変化を感じたとき、今まで使っていたスキンケア用品の買い替えを検討する方も多いことと思います。肌がデリケートなときは、なるべく刺激の少ない化粧品を選びたいものですよね。「無添加化粧品」「オーガニックコスメ」…広告でもこの言葉をよく目にするようになりましたが、違いはどこにあるのでしょうか。
この記事では、無添加化粧品とオーガニックコスメそれぞれの特徴を解説し、自分に合ったアイテムを選べるポイントをご紹介します!

 

知っているようで知らない?無添加化粧品とオーガニックコスメ

近年浸透してきた無添加化粧品やオーガニックコスメ。肌に負担がかからないもの!と思っている方も多いようですが、どちらも添加物ゼロというわけではありません。では、それぞれにどんな成分が含まれ、どんな違いがあるのでしょうか?

化粧品を選ぶ女性

無添加化粧品の「無添加」って何?
化粧品に使われる成分のうち、何らかの成分が添加されていない化粧品が「無添加」と表現されています。ただし法律で無添加と表記する基準は設けられていないため、あくまで「メーカーの定めた成分を排除した化粧品」という意味になります。ちょっと曖昧ですよね…。

オーガニック

安全性を保証するような誤解を招くおそれがあるので、商品のキャッチフレーズなどで強調して使うことは禁止されています。特定の成分が無添加だとしても、その他に添加している成分に肌が刺激を感じることもあります。

オーガニックコスメなら安心?
オーガニックコスメは、有機栽培でできた植物の成分が主原料のコスメです。有機栽培は、環境への負担が大きい農薬や化学肥料が使われていない栽培法のこと。肌には傷んだエリアを修復したり、バランスを整えたりする能力があり、こうした肌本来の持つ力を高めると言われているのがオーガニックコスメの特徴です。

オーガニック

食品に関しては、オーガニックのJASマークなど、国による認証基準がありますが、コスメにはオーガニックの法的な基準はありません。安全なイメージを持っている人も多いですが、人によっては植物の成分が刺激になることも。主成分の原料がアレルギーに該当しないか確認したり、使用前にパッチテストをしておくと安心です。

 

成分表示、見方を知れば選び方が広がる!

化粧品のパッケージには様々な成分の名前が書かれています。この成分表示の見方を知ることで、肌への刺激が少ない商品がわかり、自分にあったアイテムを選べるようになります。

成分をみる女性

化粧品は「ベース成分」「機能成分」「香料・色素成分」「品質保持成分」の4つで構成され、配合量の多いものから順に記載されています。配合量が1%に満たない成分は順不同で、香料・色素などは最後にまとめて表示されることもあります。ここでは、ベース成分である「界面活性剤」と、品質保持成分の「防腐剤」を中心に見方のポイントを紹介します。

「悪」ではない「添加物」の役割
●界面活性剤
ベース成分の1つである界面活性剤は、石油由来の「合成界面活性剤」という添加物を指すことが多いです。水と油を混ぜ合わせる働きがあり、ステアリン酸グリセリルやジメチコンコポリオールなどがこれに該当します。汚れを包んで洗い流す「洗浄」、水と油が混合した状態を保つ「乳化」、水をはじく成分の表面を水に濡れやすくする「湿潤」が、界面活性剤の主な役割です。

オーガニック

肌トラブルを招くと思われているのは、洗浄で脂分が取り除かれたことによる『乾燥』が主な原因です。また、界面活性剤が肌に長時間残っていると、皮膚の膜が弱くなってしまうおそれがあります。 ただし、化粧品に使用されるのは、刺激性の低い合成界面活性剤であることが多く、化粧品の品質を保つ働きもあるため、天然=安全、合成=危険というわけでもありません。

●防腐剤
化粧品は未開封・常温の状態で3年間安定した品質を保たなければならず、細菌やカビの繁殖を防ぐためには防腐剤が必要です。エチルパラベン、ソルビン酸Kなどがこれに該当します。

ジェル

防腐剤の配合は少ないほどよいとされますが、防腐剤無添加と表示してあっても、防腐効果のある別の薬剤を使っているケースもあります。防腐剤はごくまれにアレルギー反応を起こす人がいますが、目的は化粧品を最後まで安全に使用することにあるので、開封後の変質を防ぐために必要な成分であると心得ておきましょう。

 

自分の肌に合う化粧品を探すには?

「無添加」はメーカーによって定義が異なるため、あくまで刺激が少ないことを示す目安と考えましょう。成分表示をチェックし、合わせて「アレルギーテスト済み」「皮膚刺激テスト済み」などの表記があるかどうかも確認してください。

微笑む女性

商品を使用する前には、パッチテストがおすすめです。腕の内側の柔らかい部分に化粧品を少量塗り、2、3日ほど赤みや刺激がないか経過を観察します。ただし、パッチテストで問題がなくても、化粧品の使用中に肌トラブルが生じた場合はただちに使用を中止し、医師に相談してください。

 

無添加やオーガニックについて、どのくらいご存知でしたか?
肌にやさしそう、よさそうな印象を持つワードではありますが、言葉だけで判断せず、ご自身に合った化粧品を選んでくださいね。女性の肌はがん治療だけでなく、季節によって、またホルモンバランスによっても変化します。そのときどき、肌と対話しながらケアしていきましょう。

人気記事ランキング

特集