患者さんのためのコミュニティマガジン

Massel

【2020年もスタッフ一丸となってMasselをお届けします!】
お気に入り

新しい年がスタートして早くも1ヶ月が過ぎました。今年はオリンピックイヤーということもあり、「2020」の数字がちょっと特別に見えますね。Masselは昨年リニューアルしたWebサイトに加え、全国の病院800ケ所に配布している冊子(Webサイトのダイジェスト版)も配布しています。Webサイト・冊子ともに、今年も患者さんに寄り添いながら、治療はもちろん美容やくらしに役立つような最新情報をお届けできるよう、真摯に取り組んでいきたいと思います。

そこで今回は、Masselの運営会社である、医療用ウィッグ スヴェンソンのスタッフに、2020年へかける熱い思いを語ってもらいました。それぞれの仕事の中でMasselをいつも見守り、サポートしている現場の声をぜひお聞きください!

スヴェンソンのHPはコチラ>>

 

「伝える」ために、できることすべてを

編集長/佐藤

■普段どんな仕事をしているの?
Masselを編集する仕事をしています。普段サロンに来店されるお客さまは、個室で様々なことを話してくださいます。治療のこと、病院のこと、家族のこと、生活のこと…。そんな「患者さんがお悩みを感じやすいこと」を共有・解消したいと思い、Masselが生まれました。治療で不安の中、一人じゃないと思える情報がある。実際の「声」や「知恵」を集めているからこそ、患者さんに寄り添い、役立つ情報を提供できるのだと信じています。

施術ルーム

■Masselで今年取り上げたい企画は?
やはり世の中の大きな関心事である、オリンピック関係の記事でしょうか。「全国のパブリックビューイング会場特集」や「自宅で観戦するときの楽しみ方」などを企画したいです。チケットの入手も難しいですし、暑いさなかで体調が不安な患者さんもいると思うので、生観戦以外の楽しみ方を探したいですね。スポーツは何より大勢で観ると一体感があって楽しいので、ぜひみんなで日本選手を応援しましょう!

外観

■2020年の個人的な夢は?
今までにもたくさんの医師や医療従事者の方にお会いしてお話を伺ってきましたが、患者さん向けに「医療情報を伝える」という責任をとても重く考えています。取材をして記事を執筆するうえで、難しいことを分かりやすく伝えるために、専門知識の勉強が欠かせません。2020年は理解を深めるためにも、資格取得にチャレンジしてみようかなと。とにかく今はよりよく伝えられる方法を増やしたい。そのためにできることは、どんどんチャレンジしていきたいと思います!

 

患者さんと医療従事者の架け橋に

医療営業/加藤

■普段どんな仕事をしているの?
病院やクリニックに伺い、アピアランス(外見ケア)情報を提供する仕事をしています。情報が溢れる今だからこそ、患者さんや医療従事者の方が様々なネットワークで「信頼できる情報」を探しています。Masselを通して医療従事者の方には患者さんのリアルを、患者さんには明るい情報をお届けする“架け橋”になりたいです。

■2020年のMasselに期待すること
連載している「名医の診察室」など、医療従事者の方を紹介する企画をWeb版でどんどん発信してほしいです! 日頃どのような想いで医療に携わられているのか、また、患者さんへのアドバイスなどを掲載すれば、患者さんも心を強く持つことができると思います。

希望を持つ人

■2020年の個人的な夢は?
自身の視野を広げるために旅行に行くこと!理想は南半球の暖かくてのんびりしたところ。そこで得た知識を、ぜひ医療営業の仕事に生かしてみたいです!

 

 “共感”と“安心”を広げたい!

サロン店長/石川

普段どんな仕事をしているの?
新潟サロンで店長をしています。お客様とは治療のこと、お仕事のこと、日常生活のことなど、様々なお話をさせていただいています。悩みやトラブルにぶつかったとき、自力で解決される方もいらっしゃいますが、うまく情報を探せない方、探す気力がまだ湧かない方には、Masselをおすすめしています。日頃から患者さんと接している僕が見ても、Masselは目からウロコの情報が満載です!

2020年のMasselに期待すること
患者さんの「ライフスタイル密着取材」がすごくいいので、記事をもっと増やしてほしいです。がんとともに生きる方々のリアルな心情と日常が見えることで、共感と安心が広がると思います。普段聞けない医療従事者の方のお話や、生活に役立つ情報も、発信し続けてください!

カウンセリング

2020年の個人的な夢は?
仙台から新潟に転勤になり、お米とお魚がおいしい新潟が大好きになりました。ご飯がおいしいと仕事への活力もさらに高まります。2020年はこの土地で友達を10人増やすのが目標です!

 

治療中、前向きに暮らすヒントを

医療営業/藤井

■普段どんな仕事をしているの?
医療営業として病院を訪問し、医療従事者の方や患者さんに医療用ウィッグをご紹介するほか、抗がん剤の副作用である頭皮、爪ケアのアドバイスを行っています。Masselは、患者さんの治療中の気持ちに寄り添い、前向きに暮らすヒントが満載で、医療従事者の方からも「病院では知り得ない、患者さんの日常を知ることができた」「料理やアピアランス(外見ケア)に関する記事を読んで、患者さんに伝えたら喜ばれた」という嬉しいお声を多数耳にしています!治療

■Masselで今年取り上げて欲しい企画は?
以前、冊子で特集されていた「椅子に座ってできるヨガ」は、バックナンバーを希望されることが多かったので、ぜひ第2弾を!また、夏になると「ウィッグの暑さ対策」について医療従事者の方からよく相談されるので、企画化してほしいです。

■2020年の個人的な夢は?
数年前から御朱印を集めているので、今年は西国三十三ヶ所めぐりをしたいです!草創1300年を迎えた日本最古の巡礼と言われ、今年末まで期間限定の「特別印」がもらえるので、頑張って巡りたいと思います!

 

「声」で気持ちを和らげたい、サポートしたい

サポートセンター/髙山

普段どんな仕事をしているの?
お客様サポートセンターで、ウィッグやお店に関するお問い合わせを承っています。初めてのウィッグに不安を抱えていらっしゃる方に対して、少しでも気持ちが軽くできるように日々奮闘中です。Masselを楽しみにしている患者さんからお問い合わせをいただく機会もあり、「治療をしていても、今までと変わらない生活を送れるのだと気付くきっかけになった」というようなお声が日々の励みになっています。

サポートセンター

■Masselで今年取り上げて欲しい企画は?
取り上げて欲しい企画はたくさんありますが、ひとつは自宅でゆっくり過ごす際におすすめのサービス。スマホゲームや動画配信サービスの特集はエンタメ性が高く、毎日の生活を豊かにしてくれるのでは?また、ボードゲームや人生ゲームなどを紹介し、自宅でみんなとワイワイ過ごす楽しさをご提案できたらおもしろそう!

2020年の個人的な夢は?
ずばり、横浜DeNAベイスターズの日本シリーズ優勝です! 弱小で球場がガラガラのときから応援し続けていたので、今、当たり前のようにクライマックスシリーズへ勝ち上がる姿を見られるようになったのは感慨深い限り。パ・リーグ覇者を倒し、真の王者となるのをこの目で見届けたいです!

 

患者さんの生活に広く寄り添える存在でありたい

副事業部長/根岸

普段どんな仕事をしているの?
医療用ウィッグの販売を通じて、患者さんの生活に必要なサービスの企画開発・運営を行っています。時代や治療環境の変化とともに、必要なモノ・コトも日々進化しているので、お客様との会話の中でヒントを得て、改善に努めています。ウィッグ+αの美容コンテンツの販売や、Masselのような信頼できる情報の発信を通じ、企業として、そして社会として、患者さんに寄り添っていきたいです。

笑顔の女性

■2020年のMasselに期待すること
日本で生活する外国人も増えています。また、オリンピックイヤーということもあり、外国語での情報提供などもできるようになればいいですね。国際的な情報発信を期待します。

■2020年の個人的な夢は?
アジアの歴史を勉強したいです。オリンピックで日本への注目が集まる今、改めて自国の文化に興味を持ち、ルーツを掘り下げてみたくなりました。大陸にどんな背景があって、今の言語・習慣ができたのか。周囲の国々が日本に与えた影響や、現在の関係性に至った経緯にも興味があります。アジアへの造詣が深まれば、おのずと日本芸術文化への理解も深まるのではないでしょうか。

 

6人のスタッフの声、いかがでしたか? Masselにはこんなふうに、作り手、広め手、支え手…と、たくさんのスタッフが関わっています。みんなの想いはただひとつ。Masselを通して、患者さんに毎日を前向きに過ごしていただくこと!そんな熱い想いが届けられるようなメディアを、これからも目指したいと思います!どうぞご期待ください!!

人気記事ランキング

特集